2016/12/16  23:56

11/27 姫新線中国勝山〜月田  他線区

姫新線には、かつては大阪から直通の急行「みまさか号」が運転されていました。
うる覚えですが、3往復あり急行「みささ号」や急行「但馬号」と併結されていました。
この列車、撮り鉄になる前に何度か乗車したことがあり、個人的には思い入れの深い列車です。
兄と一緒にデッキ直後の二人席に座り(空いているのに)、ドアが開くたびに鉄格子に視界を遮られイラっとしていました。姫新線に入ると多分交換駅はY字スプリングポイントだったんでしょうね。停車するのかと思うほど減速し、「バタン!!」と何かが車体に当たる大きな音がしビックリするとともに不快な思いをしていました。今思うとタブレット交換!!熱い光景がすぐそこで繰り広げられていた!!しかし、いつしかそんな「バタン!!」も無くなっていました。

急行「みささ号」「砂丘号」を絡めての津山駅での解結も熱かったですね。福知山駅が北近畿ビッグXの要ですが、津山駅も美作の要でした。列車到着後、併結するために乗客を乗せたまま隣のホームに転線・・・。駅弁を買うためにホームに降りたら列車が出発!?し大慌て!なんてこともありました。

思い出を書き出すときりがないので、この辺でおしまい。
そんな思い出のある姫新線ですが、今は寂しい限りですね。その中でも中国勝山〜新見は特に厳しそうです。

私用を終え、そんな超閑散区間に寄り道しました。この日は小雨。20年程前ににも一度訪れていますが、その時も雨天。当然デジではないので悲惨なコマと思い出しか残っていません。
今回はデジなので、思い出に浸りながらISO800まで上げてリベンジです。
クリックすると元のサイズで表示します
周囲の風景は以前と変わりません。
クリックすると元のサイズで表示します
この斜面にへばりつく鉄橋を撮りたかったのです。ただ、河原から伸びる木が大きく成長し、車体にかかってしまいます。超閑散区間ですが、いずれ伐採されますかね?

せっかくここまで来たのでもっと撮りたい気持ちはありましたが、翌日のことを考えここで切り上げました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ