2017/1/22  21:42

1/18 雪晴れの立山線  富山地方鉄道

水橋での撮影後、私用を済ませ昼過ぎから再び撮影に出掛けました。天気予報では天気は下り坂でしたが、幸いその気配はあまり感じられませんでした。強いて言うなら空が若干白くなってきたかなあって感じ。でもそれをどうこう言うのは贅沢の範疇でした。それだけの天気なので行きたい場所はいくつもありましたが体は一つ。色々迷いましたが立山線に決定!先日のリベンジに向かいました。

まずは水道橋に向かう途中から。
横着して足元の装備をちゃんとしなかったものだから、車道から外れた瞬間悲惨なことになりました。距離が短いからと言って油断したらダメですね。膝下くらいの積雪がありましたが、一歩一歩沈む深さが違うんですよね。やっぱり、かんじきがあった方が良いのかなぁ。歩きながら、神岡重連貨物を撮りに西漆山の奥の林道を歩いていた時のことを思い出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
千垣鉄橋を真横から望めるのですが右半分は木の枝がかかってしまいます。道の端は河原まで落ち込む崖なので、回り込んでかわすことも出来ません。周辺をウロウロしましたがこれ以上視界が開ける立ち位置はなく、諦めてこのアングルで撮ることにしました。
三脚にカメラをセットして暫くして電車が来ました。カボチャか…。でも雪景色ではこっちの方が良いかも。
ところで、セットした時よりもカメラが上を向いてしまっていました。

もう一か所の目的地は、先日行った道路から少し上の休耕田。雪を踏み固めて登ろうとしてもザラ目で固まらず、固まったと思って体重をかけた途端踏み抜いてしまうといった感じでなかなか進めません。おまけに側溝があり、そこを超えるまでちょっと怖かったです。超えてからはルートが斜面の縁をトラバースするので、間違えれば落ちるか雪崩そうで山側にルートを取りました。が、登れない・・・。急斜面なので目の前が雪。目線と雪面が同じ高さなので綺麗でした。結局登り切ることは諦め、中途半端なところで構えることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
前回は天気が悪く鉄橋の一部だけを切り取りましたが、今回は引いて“全部入れ”。この縮小画像では分かりにくいですが、駐機中のヘリも写っています。景色が良いと欲張ってあれもこれも入れてしまい、結局主役の電車が小さくなってしまうんですよね。

この後鉄橋で撮ろうと思い立山駅に向かいましたが、雪壁のため撮影ポイントにアクセスできず再度移動、駐車場所がなくウロウロ・・・、間に合わず。ってことで上り1本勝負です。
クリックすると元のサイズで表示します
旧粟巣野駅俯瞰。積雪があると建物が目立たずいいですね。でも、元の画像では完全に露出をミスっています。ここも再訪したい!!
久し振りに行きましたが、平地の雑木が成長して切り位置が限定されますね。

天気予報通り、天気が崩れてきたのでこれにて終了。やっぱり雪晴れは熱いですね!!今シーズンあと何回こんなチャンスがあるのかなあ?その時はまた立山線!でも高山線もご無沙汰してるしなあ…。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ