2017/9/29  0:14

7/21 凸デキ工臨in越中三郷  富山地方鉄道

 ピカピカの14722さまを追っかけて旧粟巣野駅まで行きましたが、この日のメインターゲットは凸デキ工臨でした。急いで下山し、越中三郷駅に向かいました。予想通りならここで14722さまと凸デキ工臨が交換するはず・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
 風情のある駅ですが、交換を撮るとなるとこんな感じのアングルになります。デキは真正面しか映らず“並び”にどこまで価値を感じるか…、自問自答しながら待っていました。
 すると、同業者が現れ暫くここに一緒にいました。神岡濃硫酸板主催のフォトランに参加したことがあることや共通の知人がいるとの事とのことでした。自分もそのフォトランには参加していたのですが全く記憶にない・・・m(..)m。
 ここで撮ろうと待っていると、彼に砂利撒きポイントの情報が入って来ました。となると、やはり砂利撒き作業を見たくなります。二人して移動しますが、現場は丁度農地整理の工事現場。素直にはアクセス出来なくなっています。いつの間にか離れ離れになっていました。
 圃場整備の工事はこの日は休みで、工事現場を進みます。すると先客がおられました。だいぶ離れた別の場所には、先ほどの同業者がスタンバイしています。それぞれのアングルに入らないようにするためには…、先客の近くで撮ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
 立ち位置を吟味する間がなかったのでこんな感じに…。
1カット目だけを考えるともう少し近付きたいところですが、2カット目以降で先客のアングルに入りそうなので止めときました。
 架線柱はかわしたつもりでしたが、撮影時は気にしていなかった後方の電柱が目障りです。
クリックすると元のサイズで表示します
 サイドから。橋台の補修がされていなかったら、もう少し見栄えが良いのに…。ま、安全運行のためには仕方がありません。
 この間も何枚も撮っているのですが、コレッというのがありません。
クリックすると元のサイズで表示します
 結果を残せないまま工臨が走り去って行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
 暫くすると予想通り14722様が来ました(後追い)。
 並び狙いの方が良かったかなぁ?と未練がましく思ってみたり…。

 返しをどこで撮るか迷いましたが、機関車側から撮ると光線状態が悪くなります。また、「客車列車を撮っているのに機関車側からの写真しかない」という過去の反省が頭をよぎり、後追いで撮ることにしました。
 急勾配の築堤に2つの短い架道橋、バックには良い感じの樹木。行に十分立ち位置を吟味できなかったことに対するリベンジ、等々理由付けをしてほぼ同じ場所で構えていました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ああ!切り位置がない!!!!
 2両編成の電車でも架線柱は2本掛かっていました。でも全く気にならず油断していました。
 この場合、機関車に架線柱が掛かると非常に鬱陶しいですね。

 これで、凸デキ工臨祭りは終了しました。でも絶好の撮影日和、これで終了するのは勿体無過ぎます。一旦休息を撮った後再び出撃することにしました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ