2010/5/8

GW似顔絵旅行記2(写真編)  ただの日記

GWの隙間にちばさんと似顔絵展覧会をめぐる旅をしました。

夜は京都に住む似顔絵描きオパちゃん(元リーさん)家族と食事
ホテルに戻ってきた後 まだ時間があったので
ホテルから近い銭湯に行ってみようよという話になり
10分ほど歩いていってみました。
京都は開けた都会にみえて
実は徒歩3分くらいで静かな住宅地になります。
建物のつくりが変わってて 
多分あれが町屋造りという建物だと思います。
格子が目立ち、玄関がやたらデカイ。和風でいい感じ。
そして紙専門店 袈裟専門店 などがポツリポツリとあり
知らないで歩いたけど大変おもしろい散歩になりました。
住宅街の写真はないです。 すいません。
目的の銭湯はGWの振り替え休日らしく残念ながらお休みでした。

写真は京都タワーのすぐ裏の場末っぽい飲み屋街
興味はあったけどお腹いっぱいだったので
おとなしく帰りました。
とてもにぎわっていました。
わびさびというか地味ながらなんかインパクトがありましたなあ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



京都はこうやって歩いていると 
旅番組かサスペンスドラマの冒頭のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



2010/5/12  9:03

投稿者:kabaenchou

オウスケさん
『火サス』とか『裸の大将』みたいなノリの
ドラマになりそうですね。
似顔絵で世直し!みたいな(^^

2010/5/12  5:41

投稿者:オウスケ

「さすらい似顔絵師旅情篇」
と言うドラマみたいですね。
カメラに被写体に対する愛情が感じられますね。

http://ousuke.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ