2019/4/17

9600キット組立68  鉄道模型

塗装が汚い事は置いておいて煙室ハンドルから作業を再開しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ナンバープレート、少し左が上がっている感じ。

要は写真を見ながら左右の傾きを直すという作業机が狭いイモンお得意の番号貼り術です。

クリックすると元のサイズで表示します
今度は先ほどの半分くらい右が上がっているかな・・・

クリックすると元のサイズで表示します
石炭の溢れ表現は、シンナーで溶かしたゴム系クリアを極細マイナスドライバーで希望の場所に付け、そこに粒を揃えた石炭をピンセットで乗せていくというものです。

意外に簡単ですいすい出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
塗装を汚くしたくなかった部分のひとつです。 安全弁は少しだけ黒染め液で黒くしてあります。

仕上用に取り寄せ中のモノがあるのですがまだ届かないので完成ではないのですが、事情があって写真にはしておきます。

私の撮り鉄の相方が南延岡機関区で本物の蒸機を磨くのに実際に使っていたモノを超微粒子にしたモノです。

蒸機の肌の表現は昔のTMSに誰かが発表した蝋燭の煤を使うのが抜群と思いますが、手に付く、安定しないと言う点で使いがたいものでした。 その蒸機屋の悩みを解決できる魔法の仕上げ材になる事を期待しています。

クリックすると元のサイズで表示します
普通の角度

クリックすると元のサイズで表示します
こぼれた石炭が生きるところ

クリックすると元のサイズで表示します
9600の中ではやや多数派の原形2段床です。 2015年のJAM公式記録集が「蒸機9600」に関しては断然詳しく、内容的にも圧倒的に高度ですが、2段床についても解説が其処にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
顔が似ていると思います。

ともかく驚くような出来のキットです。 もっと判りやすい言い方で言うならば物凄くコストが掛かった製品です。
制作者の責任から外れる車輪や台車やバルブギヤなど基礎的なパーツ一つ一つが物凄く良く出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します
トラを塗り直して良かった!

それにしても、オリンパスのTG−5ですが、私はTG−5の2台目と3台目を使っています。 そのどちらで撮っても画面中央に明るい青い円形が現れます。 このカメラの欠陥かもしれません。 カメラから青い光は出ません。





2019/4/16

9600キット組立67  鉄道模型

体重が爆発的に増えてきています。

今回は宴会ではありません
滅多に食べる事がない昼食を食べる日が2日間重なっただけです。

それも、誰でもが食べる量を割り振られて食べているだけです。

「おうちご飯」が長く「無い」のもひとつ原因になっているのかもしれません。 普通の生活がしたい! 全て猛烈な勢いで押し寄せているイベントのせいです。

クリックすると元のサイズで表示します
努力をあざ笑うこの勢い!

データが無い日は酷く酔っ払っているわけです。

クリックすると元のサイズで表示します
拙い状況。 昼食を食べるという事態を断固無くする必要がありそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
手戻り修正に必死な9600です。

シリンダー前蓋が上下逆になっていましたので差し直します。(デルリンを挟んで差し込んであるだけで帯電していない尻棒はショートとは無縁です)

クリックすると元のサイズで表示します
じりじり前進していますが、実際出来上がりにガッカリして意欲を失っている事も事実です。

「完成品に負けない完成度」+「そこそこ実感」方向にしたかったのに大事な塗装で失敗!失敗!、失敗の上塗りをしています。

大きく失敗はしていない煙室の塗装もクリアのフラットベース事故のあおりを受けて艶が消えきっていない事も此処に来てガッカリの要素です。

IMONの9600製品そのものは恐るべき設計、パーツ製造の下請け各社の渾身の部材の出来も良く、見事で私の腕が追いついていない事は禁じ得ません。(最近頭にきて日本語が変です)

また、楽々よく走るようです。

集電性能とスムーズな走行が相反要素なのですが、スムーズな走行方向に舵を切ってしまっています。
当りの強さを弱くして組みましたので。

集電ブラシは強いままで良いのかもしれません。 集電ブラシもレールクリーナーで磨いてから“ベルハンマー”を塗ってキムワイプで拭き取る。 それがポイントのように思います。
 




2019/4/15

9600キット組立66  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
集電ブラシからコネクターとモーターに結線してギヤボックスを準備します。

このギヤボックス、物凄く精度の良いパーツです。

クリックすると元のサイズで表示しますギヤボックスの位置決めするバー・・・これが集電ブラシの連結棒と接触して悪さをします。

なぜそう思うかというと、位置決めバーは絶縁されて固定するようになっているからです。
ところが、ギヤボックスは第三動輪の軸から通電を受けて非絶縁側の電気を帯電するので絶縁側の何かと接触するとショートするのです。

クリックすると元のサイズで表示します
したから見た姿。

12mmの模型がロッド周りに非常に余裕が有る事が判ります。

クリックすると元のサイズで表示します
実は大変苦労してショートを免れました。

クリックすると元のサイズで表示します
走るし、ヘッドライトも点灯します。

でもまだ道は遠いと感じていて仕上げはまだまだ、先台車もまだ付ける段階じゃないです。

クリックすると元のサイズで表示します
この模型の問題点は、上下分割の都合上コネクターの所に余裕を持たせろと書いてある説明書に従ったつもりで余裕を持たせたら、其れが過剰でモーター周りの可動が少ないという大欠点を抱えています。

説明書には何センチから何センチぐらいが適当であるという表記が欲しいです。
ヒシチューブなど使って仕上げているからやり直す気力は無いです。

鉄道模型「道」の道は未だ未だ険しいです。

模型を作るとき、私がいつも感じている事があります。

1両の模型の製作開始から完成まで1000の工程があったとします。

その1工程をやり遂げる時にいつも肝に念じている事があります。

この1/1000の工程、この工程を成功させる事に対して私は私の一生を捧げるという覚悟を決めると言う事です。

その覚悟を決めない限りはこのひとつの工程は決して上手く行きません。

鉄道模型道は本当に厳しい道です。

それを乗り切るには「好き」というただ一つの武器で戦う以外にないです。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ