2020/10/26

徐々に工作どころじゃ無くなりつつあり  鉄道模型

編成をどうやって成り立たせるのか?という問題に直面しつつあります。

ともかく既に進行した工作の報告です。

クリックすると元のサイズで表示します
毎年、10月までは暑い夏、11月から寒い冬、秋は無いなあと思っていたのですが、今年は秋があります。9月のうちから秋に入り、やっと昨日くらいから秋晴れが始まりました。
数日前から晴れていましたが、それは秋晴れではない違う晴れでした。

クリックすると元のサイズで表示します
我家の隣は「ベコ飼う」牧草地みたいですが、ずいぶん色づいてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
和歌山の車両ですが、タブレットキャッチャーと銀色の窓ガラス防護柵があることがわかりました

クリックすると元のサイズで表示します
今更ながらまた工事なのですが、ついでに横道に逸れてどうにも気に入らない運転室の椅子の色を塗ることを考えました。

クリックすると元のサイズで表示します
青にミディアムグレーを1:1で加え、赤を少し落としました。 元の青と全く違う色になったのですがデジカメは全く再現できません。 デジカメの遅れている事(スマホなどは更にダメですから誤解のない様に!)にひたすら驚愕します。 この差は1dxなら完全に違う色に再現できます。

既に床は床板と同じグレー、インパネはインパネ色に筆塗りしてあります。 この辺りはスピード命です。

クリックすると元のサイズで表示します
適当に色差ししました。 あまり真面目に乾燥させないから滲み出てきていますが、丁度良いかなと・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
20年前、21年前に散々やった作業、思い出しながらやります。 数十年の差は、今ならこうやって当ててみてから接着する慎重さが有るのが進歩です。

クリックすると元のサイズで表示します
組み立ててみてがっかり!

運転士の椅子の背が低過ぎます。 塗って分かる寸法の間違いという感じです。 我々の目には染み付いている寸法感だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
取り敢えず58+28が出来ました。 28は完成品のままですのでキャブインテリア着色していません。

クリックすると元のサイズで表示します
あと2両「番号なし58」から仕立てます。 和歌山区にはキハ28は余っていますが58は逼迫していますので。

クリックすると元のサイズで表示します
体重はヤバイです。 ママが帯状疱疹でダウンして私の体重が劣勢になり、現在は余りの忙しさで大ピンチです。 思わぬ時にジャンクではない店屋物「うなぎ」を使ってしまったのも痛過ぎです。

イモンももうダメかも。




2020/10/25

弄りながら勉強の日々  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
今日はまず簡単なATS-S表記から始めます。

[S]の表記が完成品にもありません。[Sn][SN]だかにもするかもしれないと言う言い訳で転写無しなのです。

苦労させる車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
KATO インレタキハ58ー564に決めたので文字を組み合わせるのです。

キハ58はこれからも大量に使うので、キハ28からキハ58を作ります。 キハ56のキハを外して564のもとをつくります。

IMONのインレタは「1」「2」「5」「8」「0」を多くしています。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは「キハ 8」を転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
数字「5」を連れてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
56を加えます。

クリックすると元のサイズで表示します
4を加えて出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
KATOと比較してみます。 やはり1割違いますね。

16番の人達に訴えたいのはKATOは特別優れたインレタですがシャープで転写もよりよくつくのはIMONですのでインレタもよろしくお願いいたします。
IMONのインレタ1/80 製品は800番台の型番です。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側も「キハ 8」から始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58になり

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58ー56

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58-564の出来あがり。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもKATOtと比較です。

クリックすると元のサイズで表示します
IMON完成品と比べてもはるかにシャンとしています。

クリックすると元のサイズで表示します
これで終わったつもりの写真ですが・・・・終わっていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
この時代の〔きのくに〕の姿を確認してみると、タブレットキャッチャーは取付けられており、タブレット防護柵は銀ではっきり付いてます。
天王寺なんて、都会の気動車と思っていましたが、意外に使われていた様です。

形式写真が意味無しですね。

クリックすると元のサイズで表示します
体重はギリギリ言い訳なしのUPで済みました。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ暗雲垂れ込めています。




2020/10/24

前面窓セル交換の地獄  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
KATOのEF65ー500

中古で買ってあったのですが、壊れているのを発見しました。 カプラーが千切れています。

クリックすると元のサイズで表示します
まことによく出来たKATOのEF65ー500ですが、カプラーだけは全然ダメです。

IMONカプラーにする以外にないです。 この場にあった101と207から201と107に組み替えて201を使います。

201でもバッチリですが、203でもバッチリです。

クリックすると元のサイズで表示します
3mm厚のカプラーはポケットにピッタリ入ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ダメなカプラーを残して何の追加も無く作業終了。

クリックすると元のサイズで表示します
この機関車はエコーモデル製と思しき箱に入っていました。

この状態では10年後にはアウトでしょう。 スポンジだから車両は助かりません。

IMONの箱17m級に入れ替えます。

クリックすると元のサイズで表示します
さて自宅作業のキハ58系です。

完成品には所属と定員表記があります。 番号無しのこの車両には何の表記もないのでIMONインレタから定員を持ってきます。
キハ28・58は定員84人です。 それはたくさん使うので隣の定員82人を改造して84人を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
「2」だけ何かに転写して無くします。

クリックすると元のサイズで表示します
そして・・・と、その前に車体の位置表記を入れます。

クリックすると元のサイズで表示します
で、「定員8」を転写して、

クリックすると元のサイズで表示します
「4」を加えて「定員84人」ができました。

クリックすると元のサイズで表示します
完成品と比べてびっくり‼ IMONのインレタの方が断然良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
昔散々使ったKATOのキハ58系インレタが出てきました。 配置表で調べてみると思いの外「天ワカ」がいっぱい居ます。
番号を大きな1/80で転写するのはダメかもしれませんが、諦めていた前面渡板の裏側は使ってもバチは当たらない!はずです。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58ー564の番号を転写します。 KATOのインレタは異常に優秀です。

でもこの写真で見ても、キハのハの字が半分欠けています。

クリックすると元のサイズで表示します
転写してみるとまあまあですが「ハ」が欠けているのはいただけません。

クリックすると元のサイズで表示します
IMONのインレタの長ナノのノを使います。

1/87の「ハ」の破片では小さくてダメと想像しました。

KATOのインレタは驚異の優秀さですが、模型に狂ったイモンがわざわざ製品化したインレタはクロマチックですから更に転写は確実なのです。
そして、今思い出しましたが、IMONのインレタは1/80も全部同じものが揃っていますからそれを使えば何の問題もなかったと気が付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
「ノ」作戦は成功しました。 わかりません。

ところがこのナンバリングができてしまったので、編成前面に出す欲が出て来て「急行」サインも入れてしまいました。

その時失敗して前面窓セルを汚してしまい、地獄の前面窓セル作りが始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58系の平面窓は車体幅一杯に広い為、三つ折れの全く同じサイズのモノを接着しなくてはなりません。

結果四つ目で成功しました。

地獄は地獄すぎて撮影できませんでした。

でも、この地獄はよい修行になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ついでに天井に反射テープを貼ってみました。

余計なことしてますね。

20年前のIMON製品、この時代は、パネルライトと左右の車輪を繋ぐパイプはKATO製です。

ここまでの話も実は昨日までのものでした。

ブログは遅れてしまっています。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ