2018/10/17

ワイルドターキー  喰いだおれ

クリックすると元のサイズで表示します
さて、コレは何でしょう?

ウィスキー

それも、バーボン

ワイルドターキー8年ですね。

何故この様に白いか?

クリックすると元のサイズで表示します
この様に冷凍庫に入っているのです。

この雪見だいふくは大きくて邪魔です。

普段は雪見だいふくは居ません。 雪見だいふくが邪魔だったのですが、なんとなく取り合わせが愉快で撮影してしまいました。

そもそも、中国満州地区、内モンゴルなどの1月2月は氷点下30℃前後まで冷えます。
日中の最高気温がマイナス10〜15℃です。

汽車は何時に来るか不明です。

そんなときポケットの中にこのウィスキーが入っているのが常です。

通常はスコッチの500mlのペットボトルが入っています。

マイナス30℃以下になっても一度も凍ったことはありません。 ただトロ〜リ粘っこくなって物凄く甘く美味しくなるのです。

冷凍庫がピッタリな事は気がついていましたが、最近実行してしまう私が居ます。 ただ、宴会の日はそれ以上は飲みません。
ですから、最近減りません。
スコッチだけでなく、バーボンやブランデーも味見してみています。
ガラスのボトルは何の問題も無いことだけは分ってきました。

お薦めいたします。

私は雪見だいふくが邪魔でしたが、ウィスキーのボトルが一番邪魔なモノだと言うことは理解しています。

万難を排して実行あるのみです。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ