2020/2/18

いい日スキヤキ  喰いだおれ

ある日スキヤキの手順を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、食卓を囲むのは6人です。

そんな日は撮影には向かないのですが、頑張ります。

電磁調理器は我が家に来て29年11ヶ月半になります。 まだチラッとも壊れそうな気配はないです。

クリックすると元のサイズで表示します
牛脂、この日調理器の火夫である私がちょっと失敗して火力が足りない悪い例になっているかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
霜降りの和牛です。 そういう肉は此処で使うものです。 ずばりスキヤキです。

クリックすると元のサイズで表示します
多人数なのでこんな悲しい景色になりました。 砂糖を振っています。

クリックすると元のサイズで表示します
醤油投入!

クリックすると元のサイズで表示します
ご飯に乗せて食べます。 コレがスキヤキです。

コレに勝る美味しいものはこの世の中に無いかもしれません。

人数が少なく、火力が強いほど美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
焦げ目が素敵なネギなど投入!6人だから追われているし少し乱暴ですがご勘弁!

クリックすると元のサイズで表示します
割下投入!

お湯を足します。

そしてはじめて具材が投入されます。

クリックすると元のサイズで表示します
此処からは牛鍋(関東式かな?)とイコールかもしれません。

牛肉も投入されますが、和田金では最初の「スキヤキ」以外では肉は出てきません。

牛肉の脂の比率が違うのにご注目。 コレ以降2種類混ぜるのが我家のやり方です。

クリックすると元のサイズで表示します
はじめて卵が使われます。

2度目のはじまりはじまりです。





コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ