2020/4/20

また長さ 6.4mm の蝶番  

長さ6.4mmの蝶番、やはりとっかりがないのが災いしてうまくつかなかった様なので再チャレンジです

クリックすると元のサイズで表示します
エコーの細密パイプ内径0.7mm外径1.0mmを長さ1.6mmで5個、長さ2.3mmで10個(結果11個)作りました。

クリックすると元のサイズで表示します
そのパイプにそれぞれ真鍮線を芋付けしようと思っていましたが、1.6mmパイプはやめて燐青銅板を丸める方向に舵を切りました。

クリックすると元のサイズで表示します
2.3mmパイプには1.0mmの真鍮線を芋付することにして、凹形にやすれないかやってみましたが、やめることにします。

クリックすると元のサイズで表示します
二本の真鍮線が平行4.0mm間隔で蝶番に垂直に付けられる様にボール紙に固定します。

ヤンキーバイスの鋼鉄パーツが平面を出すのに活躍。

クリックすると元のサイズで表示します
ベークブロック最小を使って押し当てながらハンダを流します。

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダを流した側(少しキサゲ刷毛使用)と丸めた燐青銅板幅1.5mm厚み0.15mm

クリックすると元のサイズで表示します
これは裏側

クリックすると元のサイズで表示します
どちらも黒染めして

クリックすると元のサイズで表示します
組み立てました。

蝶番に対して取付部がゴツいものになってしまってまた使えるかどうか・・・

私は頭が硬いなあと思います。

真鍮線をU字形に曲げたものと燐青銅線を丸めたものだけでももっと気の利いたものができそうですね。

ところで体調は良くないです。残念。25%かな。








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ