2020/5/27

C1119、C575  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
体重は一進一退を繰り返してまあまあの時点です。

クリックすると元のサイズで表示します
散歩はこどもの城などの公開空地から青山通りへ出て上り方へ、コレは今日の骨董通り、平常に近い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
青山通りから表参道へ左折して伊藤病院の前です。 平常の7割に戻った感じでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
コレで工事終了なのか静かです。

クリックすると元のサイズで表示します
C1119の続きです。 昔の製品にはあまり写真が無いので撮っておきます。 C11あたりからは有るかもしれませんが。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドを下げて真面目に撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
C575に取り掛かります。 

クリックすると元のサイズで表示します
曲がりの修正やタッチアップなど意外に世話が焼ける子でした。

クリックすると元のサイズで表示します
作りは丁寧でC11、C57から後のIMON製品はカメラを向けても気持ちがいいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ボイラーはエッチングの時点で全部機番別の柄になっています。 設計の技術も凄いなと思います。

例の「頭が小さなハンドレールノブ」の一つ手前かもしれません。
ロストワックス製で限界まで小さいノブが作られていますので。
挽物による玉の直径0.7mmでもIMON製ノブの良いところはロスト時代と同じ穴直径な事です。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな紙しかない「黒」ですが工夫でコレぐらい撮れることが今日わかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
HOスケール12mmですから小さいのですが写真に撮るとデカく見えます。

お公家さんが笏を持ってすましている感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
この撮影は楽しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
TGー5ですが、TGー6だとどうなるのか試してみたくなります。

TGー6は腰のピストルとして散歩の時の撮影に使っていますが、深度合成の時10枚の写真から合成できるのです(TGー5だと8枚)
ただ、工房打ち合わせで使ってみた感じではTGー5の方が具合よく感じられるのです。





コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ