2020/8/7

上田丸子電鉄 モハ2322  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
写真一番上は先日渋谷店委託品を購入した上田丸子電鉄モハ2322です。

それらしくするには何も無かったインレタを入れるしかないと考えて「福島交通」「静鉄秋葉線」の時についでに頼んだのが「上田丸子電鉄」のインレタです。
いや、実は「上田丸子」を頼むついでに「福島交通」「秋葉線」を頼んだのかもしれません。 記憶が混乱。

ともかく奥がモハ2322です。 同形で奇数車の2321は

一番手前がFABキットを林工房組立、インレタとフィニッシュが井門義博の「モハ二4251」

真ん中は、FABキットベースIMON特製品「モハニ4253」です。

林工房組立品をイモンが仕上げている頃はIMON特製品は存在せず、IMON特製品が売られたのはその2〜3年後です。

クリックすると元のサイズで表示します
これが上田丸子電鉄関係では、工房に最後に残っていたインレタです。

こんなスグレモノが作られて存在したのですね。 作ったのはFABさんなのかもしれません。

でも使い掛けで傷んでいる部分もあります。 注意して転写しなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します
「2322」はそっちのけでモハ4251に上田丸子のマークを転写。

クリックすると元のサイズで表示します
インレタが傷んでいたのか?私のやり方がお粗末だったのか?転写できなかった部分があり、そこは#000の筆で書き足して何とか仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
上田丸子のマークがあるからには元気を出して2322も取りかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
「ナハフ112022」の2022を使います。

クリックすると元のサイズで表示します
アレッツ!これは大失敗、 真ん中は此処では無かった。

クリックすると元のサイズで表示します
気を取り直してもう一回

クリックすると元のサイズで表示します
ナハフ112022を使って

クリックすると元のサイズで表示します
何とか格好つきました「

クリックすると元のサイズで表示します
「モハ5250」にも触ります

クリックすると元のサイズで表示します
とっても難しい転写でした

クリックすると元のサイズで表示します
この電車の定員は100名というのがわかりました。







コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ