2020/10/25

弄りながら勉強の日々  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
今日はまず簡単なATS-S表記から始めます。

[S]の表記が完成品にもありません。[Sn][SN]だかにもするかもしれないと言う言い訳で転写無しなのです。

苦労させる車両です。

クリックすると元のサイズで表示します
KATO インレタキハ58ー564に決めたので文字を組み合わせるのです。

キハ58はこれからも大量に使うので、キハ28からキハ58を作ります。 キハ56のキハを外して564のもとをつくります。

IMONのインレタは「1」「2」「5」「8」「0」を多くしています。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは「キハ 8」を転写します。

クリックすると元のサイズで表示します
数字「5」を連れてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
56を加えます。

クリックすると元のサイズで表示します
4を加えて出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
KATOと比較してみます。 やはり1割違いますね。

16番の人達に訴えたいのはKATOは特別優れたインレタですがシャープで転写もよりよくつくのはIMONですのでインレタもよろしくお願いいたします。
IMONのインレタ1/80 製品は800番台の型番です。

クリックすると元のサイズで表示します
反対側も「キハ 8」から始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58になり

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58ー56

クリックすると元のサイズで表示します
キハ58-564の出来あがり。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもKATOtと比較です。

クリックすると元のサイズで表示します
IMON完成品と比べてもはるかにシャンとしています。

クリックすると元のサイズで表示します
これで終わったつもりの写真ですが・・・・終わっていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
この時代の〔きのくに〕の姿を確認してみると、タブレットキャッチャーは取付けられており、タブレット防護柵は銀ではっきり付いてます。
天王寺なんて、都会の気動車と思っていましたが、意外に使われていた様です。

形式写真が意味無しですね。

クリックすると元のサイズで表示します
体重はギリギリ言い訳なしのUPで済みました。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ暗雲垂れ込めています。






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ