2021/5/6

MAV旧塗装最後の2両  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
ティリッヒの通電装置最大の問題はこの集電ブラシです。

車輪踏面から集電するので抵抗が大きく、音も出やすいのです。

対策としては、先端をまっすぐに伸ばしてヤスリを注意深く掛けて引っ掛からないようにする事と、それに合わせてブラシの角度を下に向ける事です。

精一杯伸ばしても車輪頂部ぴったりの長さしかないのですが、その集電ブラシが仮に台車全長に近い長さがあった場合にはもっと抵抗も無く音も無く具合が良いはずです。

集電ブラシを根本から切断してリン青銅線0.25mm2本を踏面に当たるように半田付けした方が遥かによくなりますが、わかっていてもやりません。

クリックすると元のサイズで表示します
ウェイトの取付位置が横に行ってしまっている件、命懸けで解決しようと奮闘しています。

楔を打ち込んでいます。 楔はストレート形のピンセットです。

クリックすると元のサイズで表示します
幸いゴム系接着剤だったのでなんとかなります。

ベンチレーターなどエポキシで接着してあるとどうにもなりません。

是非ともエポキシはやめて欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
外した後は「キサゲ」の出番です。 長さ150mmのステンレススケールにも使えるキサゲです。

もっと大きな長さ300mmのキサゲもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
左が新しく中央にウェイトを持ってきた方です。 こうして視ると右も中心ではない感じがします。 まあいいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ノコギリで切った透明プラ板を載せます。

写真手前側は室内装置にプラ板をつけます。 パネルライト先端よりはパネルライトに接着します。

室内装置にプラ板を挟んでパネルライトを接着するにはそれ以外の方法はあり得ません。 正確な位置に強く接着するにはそれ以外の方法はないです。

クリックすると元のサイズで表示します
室内に貼る為の糊付きシートはこんなものでした。

ブラスでもプラでもこれがあればOKです。

今回は8mm幅と6mm幅の2種類を切りましたが、9mmと7mmでも良かったくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します
右は現在のオリジナルアルミテープ(長さ41.5mm)です。

左上は19.5mmに切り詰めたものです。

左下は14.5mmに切り詰めたものです。

上に乗せるスーパーキャパシタに比べてこんなに短いもので効果をチェックしてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
2等車の方に激しく短いテープを使ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験

クリックすると元のサイズで表示します
点灯試験

クリックすると元のサイズで表示します
ここまで短いと先端への光の強さが失われる傾向はあるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
ティリッヒの新しいモデル(1等車の方)には別付手摺を取り付けなくてはなりません。

こんな具合に粉々です。 切れていないように見える最後の一本は、写真でもわかるようにちゃんと切れています。

一本も失敗せず一本も飛ばさずに温存してきたので足りました。 良かった。

クリックすると元のサイズで表示します
2等車、最初の点灯

一番手前の区画が明るくなりすぎるので暗くする工夫をしましたが、やりすぎでした。

クリックすると元のサイズで表示します
1等車、最初の点灯

一番手前の区画が明るくなりすぎるので暗くする工夫をしましたが、やりすぎでした。

クリックすると元のサイズで表示します
改善した1等車。

光源側客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
改善した2等車

光源側、客室側

緑色は零戦上面色です。

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、客室側

クリックすると元のサイズで表示します
光源反対側、通路側

クリックすると元のサイズで表示します
光源側、通路側。

クリックすると元のサイズで表示します
客室側真横から

クリックすると元のサイズで表示します
同じく角度を変えて

クリックすると元のサイズで表示します
通路側、

やっとMAV旧色が終わりました。 

残念ながらハンガリーの食堂車、寝台車が無いので【Meridian】は組成できません。

国際列車はまだ無理です。








コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ