2021/10/22

Salonwagen Liliputリリプット  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
オーストリアのちょっと高級な鉄道模型メーカー“リリプット"のDRG流線型客車のサロンワーゲンDBEpocVです。

客車のバックには駅の中の情景を印刷した紙が入っていて商品の客車の雰囲気を盛り上げるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します
ヤフオクで落札したものです。

同梱パーツは当然取り付けてありません。 こんなにたくさん入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
フックを取り付ける穴は空いていますが、鎖がかかっていないフックはこれほどの量のパーツの中にはないです。

仕方がないのでRocoのパーツを出してみました。

Rocoとフライシュマン??

クリックすると元のサイズで表示します
ランナーから外して予備パーツとしてとっておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
半切りのエアホースとかは無いのでちょん切って使います、

渡り板と梯子も私が取り付けたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ところで今日地震があって書棚の中身がずれました。

時刻表とバラの米国型が見えています。

クリックすると元のサイズで表示します
取り付けたくてもパネルライトがない事を良いことにこれで完成です。

クリックすると元のサイズで表示します
反対面

クリックすると元のサイズで表示します
この客車、同類の流線型客車の中でもとびきり長くUICーY形24.5mにかなり近いです。

クリックすると元のサイズで表示します
統一規格になっていく前の車両はいちいち長さがバラバラです。

流線型客車に関心が出たきっかけは、Rocoで01.10が発売されるらしいカタログを見たからです。

その相方の客車はバランスがとるていないのです。

S3/6とゼロイチ重連のメルクリンインサイダーツアーの時に流線型客車が混ざっていました。

なかなか好ましいです。







コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ