2022/1/14

1月13日  鉄道模型

クリックすると元のサイズで表示します
ハンダの削りが必要ですが道が開けた角線ハンダ付。

ステンレススケールでキサゲています。

試してみたら砥石を使っていなくともエコーのキサゲの方がうまくいきます。

しかしこのような後始末より朝の冴えた状態でやるのは屋根板削りの方に転じます。

クリックすると元のサイズで表示します
雨樋板に接着する部分はサンダーで平面を出しています。

屋根の側面側「肩」もまだできておらず・・・これは一気にやってしまいましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
おでこの屋根R、左がデハ3500(3507も勿論これです)右がデハ3508

屋根に関しては東急標準車体でも同じではなさそうです。

3508は割合標準の3500形っぽい屋根形状ですが。デハ3601などは違う屋根Rを持つようです。

クリックすると元のサイズで表示します
側板上部の肩R、上が3508、下はデハ3500形です。

クリックすると元のサイズで表示します
いざ戦うべし。

クリックすると元のサイズで表示します
デハ3500形のおでこです。

クリックすると元のサイズで表示します
その反対側、まずはこんな形を作ってから

クリックすると元のサイズで表示します
このように2段目を削ります。

クリックすると元のサイズで表示します
やはり2種類のRですが、よりおとなしいデハ3508です。

図面の上に重ねてみて確認しながらいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
サフェーサー一回め吹いたところです。

クリックすると元のサイズで表示します
サハ3254の屋根です。

肩のRと同じものが妻板上に置かれているという前提でそのように

クリックすると元のサイズで表示します
削っていきます。

ここでほぼ今日の時間切れ

クリックすると元のサイズで表示します
サーフェーサーだけで木目を消すのがしんどくなってパテにも手伝ってもたいます。

明日に続く







コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ