夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

選挙を介さない大連立はありえない。

 今回の東日本大震災(2011年東北地方太平洋沖地震)の今後の対応を巡って民主党が提案する「大連立構想」。
 これは、「大阪都構想」以下の妄想だ、と断言したい。

 日本に「本物の議会制民主主義」が存在するのであれば、大連立を検討するなら、その前に衆議院の解散が必要である。
 今の議会の構成は、大連立を支持して投票された結果ではない。現時点で選挙が出来ない以上、この選択肢は絶対にない!!

 現在、日本は「過去にない大災害」に見舞われている。これは間違いのない事実である。今政治に出来ることは、「速やかに復旧・復興に有効な法律を制定することである。」。
 これに大連立は必要か?

 政府・民主党は必要な法案を速やかに国会に提出し、速やかに議会で審議する。野党が反対するなら、その理由を明確にし、対案を出す。

 つまり、国会は当たり前の機能を果たせば良いだけである。
 有権者はこの動きをきっちりを把握し、次回の選挙でその評価を投票で示せば良いのである。
0
投稿者:夕焼け駅長
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ