夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

解体やむなしではないか、「岩手県大槌町の建物に乗った観光船」

 先の東北地方太平洋沖地震の巨大津波により、釜石市所有の観光船「はまゆり」が民宿の建物に乗った状態で残った事態。
 一部の方からは「津波被害の象徴」として保存の声が上がったが、資金難より解体されることになった。

(参考記事↓)
 http://www.asahi.com/national/update/0430/TKY201104300087.html

 大きな犠牲を残した津波被害の象徴である。確かに、この災害を記録する意味で保存する意義はあるかも知れない。
 しかし、この大槌町も町長をはじめ多くの方が津波の犠牲になり、今日(2011年4月30日現在)でも多くの方がいまだに行方不明である。
 住民の方の感情としても、自治体の財政的負担からも解体やむなしではないか。

 写真や動画を残すことは出来る。
 何も現物を残す以外にも、この津波の被害を残す方法はある。

0
投稿者:夕焼け駅長
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ