夕焼け駅長の「妄言」

社会から「無能」の烙印を押された私「夕焼け駅長」が、無責任に「政治」「文化」「芸能」など、社会一般の出来事に好き勝手書き殴る日記です。真剣に相手しないで下さい。出来れば、世の中にはこんな悲しいヤツがおるんや、って感じで接して下さい。なお、コメント等は一切受け付けおりません。所詮、書きなぐりですから。

 

ふざけるな!!三井住友銀行!!

 大手銀行の行員は、庶民を馬鹿にしている。
 「内心でそれを思うのは関係ない。(まあ、人間として悲しいが)それで自分が偉いと勘違いし、個人客を罵倒し、挙句の果てに客を犯罪者に仕立てる行為には、怒りが沸く!!」

 そんな体質の三井住友銀行には呆れる。

 本日(2011年7月28日)こんな事件があった。
 以下は、三井住友銀行の横暴と「男性行員の執拗な挑発」により私が犯罪者に仕立て上げられた事実の記載である。

前提
 私は、三井住友銀行の「ICキャッシュカード(指静脈認証)」を行員の勧めにより使用している。
 このカードであるが、2011年1月以降、ATMのカード取引の際、何度も認証エラーが多発している。
 時には、現金を引き出すために、20回以上の指静脈認証を繰り返したこともある。平均して1回のATM操作で15回程度の静脈認証をさせられる。正直、不快であり、2011年6月に行員に苦情を伝え「改善します!!」との返事があったが、その後も改善はなし。そのため、ATM操作の際に、何度も指静脈認証を繰り返すため、ATMに行くと必ず他の利用者から不審者扱いをされる。正直慣れたが、気分が悪いものである。


実際の事件の流れ
 2011年7月28日、13時15分ごろの出来事。
 発生場所は、兵庫県内「姫路市役所1階」にある三井住友銀行姫路支店姫路市役所出張所のATMである。
 事件の流れは下記の通りである。
 駐車場料金振込みのため、上記ATMに13時05分に来店。この日も指静脈認証のエラーが多発。20回程度のエラーが続いたため、ATMに設置されたインターホンで行員を呼び出す。6月に苦情を伝えた際に「エラーを改善する」とその時に対応した行員が発言したことが実行されていないため、私は激高!!大きな声で責任者を出すように要求したところ、男性行員が対応。この男性行員は、一切の銀行の責任を認めずに、当方を暴力的な言葉で挑発。その挑発に負けた私は、男性行員の首筋を軽くつかんだところ、「暴行だ!!警察呼べ」と部下の女性行員に叫ぶ!!
 その後、約10分間待たされ、警察官が到着。
 私は、軽微な犯罪者として扱われ、姫路警察署にてすべての指の指紋と取られ、顔写真まで撮影された。
 結局、18時に釈放。三井住友銀行が私との約束を破り、さらに私を挑発し、犯罪者に仕立て、私の貴重な時間を約6時間も奪う!!
 とんでもない暴挙である。

 

私の問題行為
 このままでは、三井住友銀行への一方的な批判になり、権力を使って攻撃されかねない。上記の流れの中の私も問題行為も列記する。当然、私の問題行為は批判され、処分されるのは当然である。
 私の問題行為は「大きな声を出したこと」「男性行員の挑発に負け、首筋を掴んだこと。」であり、ともに暴力行為である。
 この行為には、猛省している。


感想

 この三井住友銀行姫路支店姫路市役所出張所に勤務するこの問題の男性行員に告ぐ。

 「確かに銀行が経済を支えているのは事実。しかし、あなたに客を挑発する権限はないのでは。所詮、あなたは、大手銀行員という肩書きがあるから偉そうに出来るだけ。その事実に気がつかないあなたの様な人間が日本に居ることは情けない。そして、絶対に許せない!!」

 まあ、所詮、自分の立場に酔ったドアホエリート。鼻で笑っているのでしょう。だが、「絶対にこんな傲慢な行員が居る銀行が存在出来ない社会を私は創る」、それが私の主張だ!!
 まあ、「三井住友銀行は程度が低い」、それだけは事実である。
 早く消えろ!!三井住友銀行!!

 なお、私は今後三井住友銀行と徹底的に戦います。「行員の挑発により犯罪者にされたのですから!!」無論、誹謗中傷はしません。事実をインターネットに公開するだけですが、まあ、権力は強いだろうな・・

 なお、近日中に配達記録郵便にて、三井住友銀行に質問状を送付する予定。
 今後の経緯も随時掲載致します。
16
投稿者:夕焼け駅長
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

掲示板の設定が行われていません
AutoPage最新お知らせ